■運営:ホライズンパートナーズ法律事務所

■所在地:東京都港区西新橋2-17-2 HF虎の門ビルディング2階(※詳しいアクセスはこちら

 一審判決に納得いかない方へ

控訴に向けて、まずはご相談下さい。控訴の戦い方は一審とは大きく異なります。当事務所では、一審判決をふまえ、控訴に向けた戦略を客観的にアドバイスいたします。

03-5425-7431

受付時間

9:30~20:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

民事控訴審AtoZ

控訴できるのはどういう場合か?

1.敗訴した場合に控訴できるのが原則

 一審判決に対して控訴ができるのは、一審で求めていた判決に不服がある場合とされています。

 どのような場合に不服があるといえるかですが、原則として、全面勝訴の場合には不服はなく、控訴は認められないのに対し、敗訴の場合は控訴をすることができます。

 例えば100万円の貸金返還請求訴訟を考えてみると、100万円を払えという判決が言い渡された場合には、原告は求めていたとおりの判決を言い渡されているので控訴はできませんが、請求を棄却する(支払い義務はない)という判決が言い渡された場合には、求めていた判決が言い渡されていませんので控訴をすることができます。これは、逆に訴えられた被告の立場で、支払い義務がないとして争っていた場合を考えてみると、100万円を支払えという判決が言い渡されれば控訴できますが、請求を棄却するという判決の場合には被告は控訴できません。

 これに対し、一部勝訴の場合、例えば100万円の支払いを求めたのに対し、70万円を払えという判決だった場合、請求した原告の立場からは30万円分敗訴していることになり、逆に請求された被告の立場からは70万円分敗訴していることになりますので、原告と被告双方が控訴することが可能になります。

2.全面勝訴でも控訴できる場合がある

 これに対し、例外的に全面勝訴でも控訴できる場合があり得ます。例えば、相殺の主張が認められた場合です。

 100万円の貸金請求訴訟を起こされた場合に、借りたのではなくもらったものだ、として争いつつ、仮に借りた物だとしても100万円の損害賠償請求権があるので相殺するとして争う場合があります。

 この場合、一審判決で、もらったものではなく借りた物だという判断をしつつ、損害賠償請求権での相殺が認められる、という判断がされると、結論的に請求は棄却されます。

 しかし、贈与の主張が認められれば別に損害賠償が認められるのに対して、相殺が認められてしまうと損害賠償請求権はなくなってしまうことになるため、形式的には全面勝訴ですが、実質的には敗訴したに等しくなってしまいます。

 そこで、贈与の主張を認めてもらいたいという主張をするために控訴をすることが認められるのです。

3.全面勝訴で控訴したいと思ってもできない場合

 このように、勝訴した場合には原則として不服があっても控訴できません。もっとも、不服など生じないのではないかと思われるかもしれませんが、例えば次のようなケースでは不服だと主張される場合はあるところです。

 例えば殴られて損害を被ったとして、損害賠償請求を起こされてしまった場合を考えてみてください。この場合に、そもそも殴っていないし、殴ったとしても損害はないとして争う場合があります。

 この場合に、一審判決では殴ったことは認められつつ、損害がないという判断がされると、形式的には被告の全部勝訴になります。この場合、殴ったという判断がされたことが不服と言われてしまうことはあるのですが、形式的に全面勝訴になっている以上、残念ながら控訴をすることは認められません。

4.その他の注意点

 なお、通常はあまり問題になりませんが、控訴することができる判決は終局判決である必要があります。訴訟の進行の中で重要な争点について、最終的な判断に先立って判断を行う、中間判決が行われる場合がありますが、これは終局判決ではありませんので独立して控訴することはできません。中間判決の後であらためて終局判決が言い渡されますので、その終局判決に対して控訴をすることになります。

控訴相談 ご予約受付中

控訴審の法律相談は随時受付中です。
お電話またはメールフォームからご予約ください。

【重要】一審判決後にご相談の方は、必ず一審判決をお持ちください。コピーでも構いません。

電話受付時間:9:30~20:00(土日祝を除く)