■運営:ホライズンパートナーズ法律事務所

■所在地:東京都港区西新橋2-17-2 HF虎の門ビルディング2階(※詳しいアクセスはこちら

 一審判決に納得いかない方へ

控訴に向けて、まずはご相談下さい。控訴の戦い方は一審とは大きく異なります。当事務所では、一審判決をふまえ、控訴に向けた戦略を客観的にアドバイスいたします。

03-5425-7431

受付時間

9:30~20:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

民事控訴審AtoZ

民事控訴審書式集

控訴状書式(一審原告敗訴の場合)

控訴状(原告敗訴)

 

控訴状

平成23年1月31日

 

東京高等裁判所 御中

 

控訴人代理人弁護士  髙   井   重   憲 印

同   弁護士  坂   東   利   国 印

同   弁護士  荒   井   里   佳 印

 

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●×丁目▲番■号

控訴人 株式会社 ● ●

上記代表者代表取締役      山  田  太  郎

 

〒105―0003 東京都港区西新橋2丁目17番2号HF虎ノ門ビルディング2階

ホライズンパートナーズ法律事務所(送達場所)

上記訴訟代理人弁護士  髙   井   重   憲

同           坂   東   利   国

同           荒   井   里   佳

電 話 03―5425-7431

FAX 03-5425-7432

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●▲丁目■番×号

被控訴人   乙   野   二   郎

 

貸金請求控訴事件

訴訟物の価額  1000万円

ちょう用印紙額 7万5000円

 

上記当事者間の東京地方裁判所平成22年(ワ)第●●号貸金請求事件について,同裁判所が平成23年1月20日に言い渡した判決の全部に不服があるから,控訴人は控訴を提起する。

 

第1 原判決の表示

主   文

 1 原告の請求を棄却する。

 2 訴訟費用は原告の負担とする。

 

第2 控訴の趣旨

 1 原判決を取り消す

 2 被控訴人は,控訴人に対し,金1000万円及びこれに対する平成20年3月1日

  から支払済みまで年6分の割合による金員を支払え

 3 訴訟費用は第一,二審とも被控訴人の負担とする

 との判決並びに仮執行の宣言を求める。

 

第3 控訴の理由

 控訴の理由は,追って準備書面で提出する。

 

附属書類

 訴訟委任状  1通

 資格証明書  1通

 

 

書式集トップへ戻る

控訴状書式(一審被告敗訴の場合)

控訴状(被告敗訴)

 

控訴状

平成24年6月8日

  

名古屋高等裁判所 御中

 

控訴人代理人弁護士  髙   井   重   憲 印

同   弁護士  坂   東   利   国 印

同   弁護士  荒   井   里   佳 印

 

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●×丁目▲番■号

控訴人 ホライズン 太郎

 

〒105―0003 東京都港区西新橋2丁目17番2号HF虎ノ門ビルディング2階

ホライズンパートナーズ法律事務所(送達場所)

上記訴訟代理人弁護士  髙   井   重   憲

同           坂   東   利   国

同           荒   井   里   佳

電 話 03―5425-7431

FAX 03-5425-7432

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●▲丁目■番×号

被控訴人   甲 野 一 郎

 

損害賠償請求控訴事件

訴訟物の価額   500万円

ちょう用印紙額 4万5000円

 

 上記当事者間の名古屋地方裁判所平成23年(ワ)第●●号損害賠償請求事件について,同裁判所が平成24年5月31日に言い渡した判決の全部に不服があるから,控訴人は控訴を提起する。

 

第1 原判決の表示

主   文

 1 被告は原告に対し金500万円を支払え。

 2 訴訟費用は被告の負担とする。

 3 この判決は、仮に執行することができる。 

 

第2 控訴の趣旨

 1 原判決を取り消す

 2 被控訴人の請求を棄却する

 3 訴訟費用は第一,二審とも被控訴人の負担とする

との判決を求める。

 

第3 控訴の理由

 控訴の理由は,追って準備書面で提出する。

 

附属書類

 訴訟委任1通

 

 

書式集トップへ戻る

附帯控訴状書式

附帯控訴状

 

附帯控訴状

平成24年6月22日

 

仙台高等裁判所 御中

 

附帯控訴人代理人弁護士  髙   井   重   憲 印

同   弁護士  坂   東   利   国 印

同   弁護士  荒   井   里   佳 印

 

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●×丁目▲番■号

附帯控訴人(被控訴人、一審原告) ホライズン 太郎

 

〒●●●―●●●● 東京都●区●●▲丁目■番×号

附帯被控訴人(控訴人、一審被告) 乙 山 三 郎

 

慰謝料請求附帯控訴事件

訴訟物の価額  300万円

ちょう用印紙額   3万円

 

 上記当事者間の御庁平成24年(ネ)第●●号慰謝料請求控訴事件について,被控訴人(附帯控訴人)は、原審が平成24年5月31日に言い渡した平成23年(ワ)第▲▲号慰謝料請求事件の判決の控訴に附帯して下記のとおり控訴を提起する。

 

第1 原判決の表示

主   文

 1 被告は原告に対し、金700万円を支払え。

 2 原告のその余の請求を棄却する。

 3 訴訟費用は各自の負担とする。 

 

第2 附帯控訴の趣旨

 1 原判決中「原告のその余の請求を棄却する」とある部分を取り消す。

 2 控訴人は,被控訴人に対し,金1000万円を支払え。

 3 訴訟費用は第一,二審とも控訴人の負担とする。

との判決を求める。 

 

第3 附帯控訴の理由

 附帯控訴の理由は,追って準備書面で提出する。

 

 

書式集トップへ戻る

控訴答弁書書式

附帯控訴状

平成24年(ネ)第●●●号 貸金請求控訴事件

控訴人   甲山 三郎

被控訴人  ホライズン 太郎

 

控訴答弁書

平成24年6月27日

 

大阪高等裁判所 御中

 

〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目17番2号HF虎の門ビルディング2階

ホライズンパートナーズ法律事務所(送達場所)

電話  03-5425-7431   

FAX 03-5425-7432   

 被控訴人代理人弁護士  髙   井   重   憲 印

同   弁護士  坂   東   利   国 印

同   弁護士  荒   井   里   佳 印

 

第1 控訴の趣旨に対する答弁

 1 本件控訴を棄却する

 2 訴訟費用は、第一、二審とも控訴人の負担とする

との判決を求める。

 

第2 控訴の理由に対する答弁

 追って準備書面をもって陳述する。

 

附属書類

 訴訟委任状   1通

 

書式集トップへ戻る